メニュー

職場復帰の流れ

おおまかな職場復帰の流れについて確認します。

 

休職後は??

休職期間が終わった後、どのように復帰するかは患者さんによって異なります。

同じ部署に戻る方もいらっしゃいますし、元の職場に問題があるようであれば部署異動や配置転換などを条件として診断書を書くこともあります。

産業医がいる職場であれば、主治医より復帰の許可が出たあとに産業医との面談を行い、最終的な復帰の判断を産業医が行います。

いずれにしろ、「少し良くなったから戻る」となると、復帰後にすぐ悪化してしまう可能性があるため、良くなってからしばらくの経過観察期間をとって復職したほうが良いと思われます。

また休職したもののやはり元の職場への復帰が考えられない場合には、そのまま退職、あるいは転職となるケースもあります。

条件を満たせば退職後も傷病手当金を受け取ることはできますので、主治医にご相談ください。

リワークの活用

精神疾患から復職するときの企業の支援体制などには法律的な規制はなく、各企業の裁量にまかされています。

そのため、復職時に手厚い支援体制があるとは限りません。また、支援体制が整っていたとしても、みなさんの心身の安定が改善されていることが望ましいです。

 当施設では、復職後みなさんが自分らしくいきいきと豊かな人生を歩めるよう、また、職場と連携しスムーズに復職できるよう復職までの流れをステップごとに段階を分け、復職までのサポートをさせていただきます。

 また、当院ではご本人の希望に応じてプログラム参加をサポートしておりますが、ご自身の身体と心の回復度に合わせての復職準備をお勧めしております。復職準備期よりも早い段階で職場復帰をすると、病気の再発や悪化につながってしまうことがあります。そのため、それぞれの時期における目標を確認しながら、職場復帰に向けて段階的にご自身の体力や気力を整えて行きましょう。

※1 どの時期であっても薬物療法は継続し、自己判断で中止しないようお願い致します。

※2 企業との連携はなるべく早い段階で進めることをお勧めしております。早めの段階で進めておくことで、復職までの流れを把握しやすく、スケジュールが立てやすくなるためよりきめ細やかな復職準備を進めることができます。

※3 企業によって復職支援体制が異なるため、試し出勤、職場リワークができない場合もございます。その場合は、リワーク内にて可能な限り復職後の業務を想定したプログラムをご提案させていただきます。

※4 アフターリワークは職場復帰後の期間によってスタッフとの面談回数が変動します。

ご相談などがある場合は担当スタッフに連絡の上、面談日をご案内させていただきます.

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME