メニュー

休職について

休職の手続き

まずは医師による診察が必要です。

診察の結果、休職が必要と判断されれば診断書が発行されます。診断書の内容としては、病名、症状、休職の期間などが記載されます。

会社によって、診断書に記載が必要な内容・文言がある場合や、一度に休職を支持できる期間に制限がある場合もありますので、その場合は主治医にお申し出ください。

 

できれば前もって、休職に必要な書類などについて確認しましょう。

会社の就業規則・雇用契約書をもとに

  • 休職可能な期間はどのくらいか
  • 休職中の会社の規定
  • 休職中、復職前後に会社ではどんなフォローが受けられるのか
    (お試し出勤や午前のみの出勤など時短勤務の対応が可能か、など)

これらについて確認するようにしましょう。

 

その後、診断書をもとに、職場に現在のあなたの状態について知ってもらい、今後の相談をする必要があります。

診断書は多くの場合直属の上司に提出しますが、会社によっては人事部や総務など提出先が異なることもあります。

また、どうしても職場に行けない場合には、電話で休職の指示を受けた旨を伝え、診断書は郵送で送る方もいらっしゃいます。

 

いずれかの方法で診断書を職場に提出して頂き、その後出勤はせずに自宅で療養することとなります。

もし診断書を出しても、記載の内容のとおりに進まない場合には、速やかに再度受診するか、お電話などでかかりつけのクリニックにご連絡してください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME