メニュー

ご家族の方へ

ご家族の皆様も不安が大きいとは思いますが、家族からのサポートはご本人にとって大きな支えになります。ここではそのサポートについてお知らせします。

 

病気に対する正しい知識を身に着けましょう。

 書籍からの知識だけではなく、人それぞれ病気も目立つ症状も異なります。主治医の診察に同伴し、説明や助言を受けることも、効果的な療養環境をつくることに繋がります。また、ご本人が自覚していないことに気づくことができるのも家族です。適切な治療を受ける環境を作ることも家族にできることなのです

見守り、付き添うというスタンス

 病気は良い状態、悪い状態を繰り返しながら良くなっていくことがほとんどです。悪い状態も回復していくために必要なステップと考え、一喜一憂しないように、ご本人の意向を尊重して見守っていくことが大切です。

抱え込まないようにしましょう。

 家族だけで悩まず、社会資源を有効活用し、相談先を考えておきましょう。ご家族の健康があってこそ、ご本人が安心して治療に臨めるということを忘れないでください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME